ブログ カラーについて

市販のカラー、白髪染めを絶対にオススメしない理由とは?

美容室に行きたいけど、予定が合わない。

でも根元のプリンは気になり始めたら、気になって仕方ないですよね。

そこで、好きな時にいつでもご自身で染められる、市販のカラーや白髪染めはとても便利ですよね。

ですが便利な分、市販のカラーには落とし穴があるという事を知った上で使っていただく必要があります。 それに、その落とし穴が非常に重要なのです。

 

落とし穴は2つあります。

 

  1. 髪を傷めてしまう
  2. 美容室での施術の際に大きな影響を与えてしまう

髪の傷んだ女性

 

まずは、髪を傷めてしまうこと。

大概の市販のカラーは、誰が染めてもよく染まる為にお薬のパワーが強いのです。 よく染まりはします。 ですが、、、

 

  • お薬をつけてから、時間を長く置きすぎて毛先がバサバサになった
  • 毛先にお薬がつき過ぎて髪が傷んだ
  • 頭皮がヒリヒリした
  • 思い通りの色にならなかった

 

何回も染めているうちに、経験がある方も多いのではないでしょうか?

ですが、髪の毛は1度ダメージしてしまった部分は元に戻りません。

IMG_7322

綺麗な髪は傷まないようにすることが大切です。 月に一回カラーをしたら、毛先は何回カラーされているでしょう?


img_0024.jpg

もし、市販のカラーをしたらここまで伸ばせないかもしれませんが、月1でカラーや白髪染めをすると・・・

ハイパワーの薬剤が何十回も付いてしまうことになります。

 

美容室では、繊細に根元だけ薬剤をつけていきます。

毛先につける薬剤は、Cosetteの場合ほぼダメージが無いものを使用します。

(明るくしない場合) (美容室でもハイパワーの薬剤をつけてしまうところもあります)

 

 

傷みに繋がる市販のカラーや白髪染めは、できるだけ避けていただきたいですね。

 

DSC_0779

 

2つ目は、美容室での施術の際に大きな影響を与えてしまうこと。

何年も市販のカラーで、自分で染めているという方は髪が傷んでいるというのは想像できるとおもいます。

 

その髪の状態の方が、縮毛矯正を美容室でかけたいとなった場合かなりのリスクが出てしまいます。

もちろんcosetteでは髪のダメージを最小限に抑えて、綺麗に仕上げたいと心から思っています。

トリートメントのコピー のコピー

そして傷んでしまっている髪の毛に、無理に施術をする事は行ないません。 綺麗な髪だからこそ、思い通りの施術が出来るのです。

お客様の中には、市販カラーをしていて、原因不明で縮毛矯正がかからないという方もいらっしゃいます。

 

髪の傷むことは徹底的に無くしていく必要がありますね。  

ところで、この記事を読んでいるあなたは

「私はもうセルフカラーを繰り返して、髪が傷んでるからな〜」

と諦めていませんか?

 

いいえ、諦めないで下さい。 今からでも遅くはありません。

ぜひ、私達にご相談下さい。

適切なアドバイスと施術であなたの髪を綺麗にしていきます!

Cosette (コゼット)/ 国分寺/小平/小金井/美容室 概要

サロン名

Cosette (コゼット)

所在地

〒152-0012 東京都国分寺市本町2-2-10赤尾ビル2F

電話番号

042-359-4304

ネット予約

ネット予約はこちらから

URL

http://www.hairsalon-cosette.net/

業務内容

髪質改善/カット/カラー/パーマ/デジタルパーマ/縮毛矯正/ヘアトリートメント/など

説明

国分寺の美容室「Cosette(コゼット)」では、カットやカラー、デジタルパーマやダメージケアにおすすめのヘアトリートメント、縮毛矯正など豊富なメニューをご用意しております。ご予約はお電話・LINEで受け付けています